BMPCC(Original)を2021年に買った感想

f:id:cohtaro:20211203155816j:plain

2021年も終わろうとしているところですが2014年発売のBMPCC Originalを購入しました。

www.kenko-pi.co.jp

Blackmagic Pocket Cinema Camera

 

BMPCC(BMPCC Original、BMPCC初代、BMPCC OGなどと呼ばれているようです)は、BlackmagicのPocketCinemaCameraシリーズの初代カメラです。

2014年発売(らしい)のこのカメラを2021年に買った感想は3つあります。

 

 

価格が上がって残念

色々な情報を見ていると3万円~7万円ほどで購入できるように書いてあります。しかし、2021年の今は状況が変わっているようです。メルカリ、ヤフオク、Amazonなどでも10万円越え状態。プレミア機に変わってきているのがわかります。ぼくも今の機種が使えなくなったら変えは手に入らないかも思っています。

 

BMPCC Originalのシステムが2021年でも現役だった

音楽プレイヤーで表現すると古いipodを買うようなものです。制約はあるものの現役で使えます。これがMDプレイヤーだと購入するメリットが少ない、、そんな感じです。

まず、BMPCC OriginalはSDカードが使えます。そしてマイク端子がある、収録フォーマットが現役のもの。古いカメラですが今の情報、アイテムでなんとかなります。

 

BMPCC4kを1080p仕様にした特化機に感じる

BMPCC Originalは4k撮影ができないのですが、スマホでYouTubeを見るには1080pで十分かなと最近思うような思うような。。4kが撮れない分コンパクトなボディーサイズと考えれば魅力があります。しかも編集ソフトで1080pを4kにアップスケールができるのである適度カバーできるのも2021年らしい選択かもしれません。

 

 

まだ撮影自体は多くできていないのですが、これから出かけて撮影できることが楽しみです。