ZV-E10で海の撮影をするときに余裕があれば気にしたい設定1つ

今回はZV-E10で海の撮影をする時におすすめの設定を紹介します。

 

海の近くに住んでいるので、海を撮影する機会が多いのですが最近気が付いたことがあります。

 

それは「シャッタースピードをフレームレートの倍に設定する」ということ。実はこの設定は動画撮影の基本なので全てこの通りにしておけばベストのようです。

f:id:cohtaro:20211112085402p:plain

・フレームレートを24pにした場合、

 

f:id:cohtaro:20211112085416p:plain

シャッタースピードを2倍(24×2=48つまり50に近いw)に設定が基本

 

とはいえ、ぼくは普段シャッタースピードをオートにして撮影することが多いです(ある程度のパラパラ感はいいかなということと、適正露出をカメラに有利な形で決めてもらいたいからです)。

とはいえ、海の撮影は「シャッタースピードをフレームレートの倍に設定する」がめちゃくちゃわかりやすい形で効果を発揮します。

 

「シャッタースピードをフレームレートの倍に設定する」をしないとどうなるか?

オート設定の場合基本的にはシャッタースピードが早めに設定されることが多いので、パラパラ漫画のようにカクカク動く映像になってしまいます。

これが海のような全体で動く映像にはとても不自然になってしまうのです。

 

設定を変更すると、その後設定を戻すことを忘れてしまい気がつくまで想定外のまま撮影といういことはよくあります。

なので、余裕があるときでいいとは思うのですが、海の撮影をするときはフレームレートの2倍のシャッタースピードで撮影すると、波の動きが滑らかに見えるようになりますというお話しでした。

 

※「シャッタースピードをフレームレートの倍に設定する」はZV-E10だけでなく全てのカメラ共通の設定です^^

 

参考映像

・シャッタースピードをオートにした場合(3:14あたり)

ZV-E10でVlogが楽しい!三和珈琲館さんでランチしてきました。 - YouTube

 

・シャッタースピードをフレームレート24p、シャッタースピードを1/50にした場合(0:42あたり)

ZV-E10でVlogが楽しい!三和珈琲館さんでランチしてきました。 - YouTube