Vlogカム「ZV-E10」が届いたので6つの感想(撮影動画あります)。

f:id:cohtaro:20211106082032j:plain

SonyのVlogカムZV-E10が届きました。

早速Vlogの撮影に使ってみましたのでその感想をブログにしたいと思います。

 

思ったところ。

 

上4つは気に入ったところ、下二つは気になるところです。次に少し説明してみます。

 

・マイク性能がすごい

これは本当にすごいと思いました。もふもふ(ウインドジャマー)があるので、風切り音がのりにくい。「のりにくい」という表現をしましたが、今回の動画だと全く気にならないレベルで使えます。海に行けば海の音、町を歩けば街の音。自撮りをすれば自分の声。どれも自然で気に入りました。

 

・キットレンズ16-50mmがすごい

どうすごいかというと「普通に撮れるのがすごい」という感じです。ある程度コンパクトなサイズで、撮影された映像は自然。電源を入れるとレンズの迫り出しがある関係でいわゆるオートレンズキャップにすればレンズキャップの取り外しも不要。このオートレンズキャップにするとZV-E10の電源さえ入れれば撮影が開始できるのでこれぞVlogカム!!となります。

 

・背景のボケ機能がすごい

ボディー上面端に配置された「背景のボケ」機能が手軽ですごいです。これはソフトウェア的なボケではなく、レンズのf値を強制的に明るい側にしてボケを作るボタン。光学的なボケなので映像がとても綺麗。ボケあり、ボケなしで使い分けが簡単に切り替えられるのでf値が〜とわからなくても楽しめます。やっぱりボケのある映像は効果的に使える時多いですもんね。

 

・USB-C充電がありがたい

ZV-E10の充電口はUSB-Cになりました。最近スマホやパソコン、その他のガジェットもUSB-Cが多いのでこれは地味にありがたいです。使わない時はスマホの代わりに(ぼくはAndroidを使っています)USB-Cケーブルで充電しておけことができます。

 

・設定に癖がある

設定はあまりいじりたくないと思っていました。でも結構いじってから撮影に出かけまいした。後日設定をどうしたかはブログにしたいのですが、記録設定とか手ブレ補正、結構変更したところがあります。SonyのカメラのUIがこのカメラは古いタイプらしいのですが、使いやすくはないかもですね。あ、?マークで説明が読めるのはとても便利でした。

 

・ボタンの誤操作がある

コンパクト多機能なカメラの宿命ではあるのですが、誤操作してしまうことがあります。ぼくの場合、意図せず右手の人差し指でズームレバーを押してしまいます。気がついたらアップになっていて????となりました。慣れるのでしょうか。まあ致命的でもなんでもないのですが気になりました。

 

 

そんなわけでSony ZV-E10今のところ満足です。

映像もスマホで撮るよりも頭ひとつ抜けているきがします。そして、風切り音を悩むことが減ったので撮影の機会が増えました。とりあえず、お出かけにはZV-E10を持ってどんどん撮影したいと思います。

スマホでももちろん動画撮影できるのですが、ZV-E10には専用機の強みがしっかり感じられました。

 

今回撮影したVlogです。ZV-E10での撮影は3:35以降です。

youtu.be