Apple Watch series3でソフトウェアバージョンアップをする方法

2021年4月27日、iPhoneとApple Watch series3以降のソフトウェアアップデートで、念願のマスクしていてのロック解除ができるようになりました。

 

ぼくはApple Watch series3を使っているのですが、ただアップデートする方法や、Apple Watchのリセットするだけでは、ソフトウェアアップデートに必要な空き容量が確保できずアップデートできませんでした。

 

アップルの公式ヘルプにペアリングを解除するという別のアップデート方法の紹介されていたのでご紹介します。

 

容量不足で Apple Watch をアップデートできない場合 - Apple サポート

 

ペアリングを解除

f:id:cohtaro:20210427071242j:image

・iPhoneのApple Watchアップリから「全てのWatch」をタップ


f:id:cohtaro:20210427071250j:image

・「i」のマークをタップ


f:id:cohtaro:20210427071229j:image

・Apple Watchのペアリングを解除をタップ


f:id:cohtaro:20210427071235j:image

・ペアリングを解除をタップ


f:id:cohtaro:20210427071232p:image

・ペアリングが解除されます

 

 

ペアリングの再設定
f:id:cohtaro:20210427071238p:image

・ペアリングを開始をタップ


f:id:cohtaro:20210427071225p:image

・勝手にアップデートが開始します


f:id:cohtaro:20210427071215p:image

・空き容量を見るとインストール要件の2.4G以上確保できていることが確認できます


f:id:cohtaro:20210427071245p:image

・あとはダウンロードされたあと、インストールされるのをひたすら待ちます。

 

「Apple Watchでロック解除」はiPhoneで設定します

f:id:cohtaro:20210427083733j:image

・iPhone→設定→Face IDとパフコード→Apple Watchでロック解除

 

Apple MagSafeデュアル充電パッド

Apple MagSafeデュアル充電パッド

  • 発売日: 2020/11/30
  • メディア: エレクトロニクス