バレットジャーナルの「タスク」の管理(移動)とは #マイグレーション #BUJO

マイグレーション(migration) = 移動

 マイグレーションはタスクなどの箇条書きしたものの「移動」を指します。

 

今できないことや、やるつもりだったけどやれなかったものなどを、未来に移動することを指すのですがバレットジャーバルの本の中では「不要なものを選別する機会になる」としています。

 

マイグレーションはどのタイミングでするかというと、マンスリーログの更新、ノートの更新などに行うことを基本としています。

タスクは増えて行くかもしれませんが、それを整理するタイミングもバレットジャーナルをしている限りやってくるのです。

 

 

「マイグレーション(移動)」のポイント

・移動する価値があるか考える

 移動してまでするタスクなのかを考える機会です。不要であれば思い切って移さないか、遠い未来(フューチャーログ)で数ヶ月後に先延ばしします。

・<>の記号を覚える

 <は左に移動すること、>は右(「マンスリーログ」「カスタムコレクション」)に移動することを指しています。

・いつ移動するかルールを決める

 公式では翌月のマンスリーログを作る際に移動ですが、ぼくは日ごとに移動しています。

・どこへ移動するかルールを決める

 <にしたタスクをマンスリーログの左ページに入れるか、左右どちらにも追加するか。>にしたタスクをマンスリーログに移すか、デイリーログの翌日に移すか。などです。

 

 

 

バレットジャーナル 人生を変えるノート術

バレットジャーナル 人生を変えるノート術