Twitterの広告を消して快適に使う方法 | iPhone版

f:id:cohtaro:20210108200549j:plain

Twitterしていますか?

ぼくの場合、友達がいて、気になる人もいて、新しい話題や、盛り上がっている話題もある楽しい場所なのですが、表示される広告によってはメンタルをやられてしまうので自分なりの付き合い方を時々模索しています。

 

今回はlifehacking.jpの堀さんが実践されていた内容ですが、効果抜群だったので二番煎じながらご紹介します。

 

必要なことは3つです。

 

1.iPhoneを用意します

今回の方法はiOS 9から搭載された「コンテンツブロッカー」機能を利用するので、iPhoneであることが条件です。

 

2.モバイル版のTwitterを利用する

Twitterアプリだとこの方法は使えないので、モバイル版を使います。iPhoneのSafariで調べる時は「Twitter モバイル」「Twitter ウェブ」で調べると出ると思います。または、下のリンクから直接移動できます。

https://mobile.twitter.com/home

 

3. 広告ブロックのアプリを使う

広告ブロックのアプリはいくつもありますがぼくが使っているのは「280blocker」というもの。このアプリは買い切りなところが嬉しいです。金額は500円(2021.1.8現在)。

iPhone→設定→Safari→コンテンツブロッカー→インストールしたアプリをオン

 

これでタイムラインに広告が流れません。

iPhoneの機能でねじ伏せる力技ですが、広告に悩んでいる方はぜひお試しください。